もしかして放置してない?子供部屋のカーテンの洗濯頻度について

子供服の洗濯は、ほぼ毎日のようにこまめに行っていても、子供部屋のカーテンに関しては無頓着で、洗濯せずに放置されやすいようです。しかし、子供部屋のカーテンも洗濯して汚れを落とす必要があります。では、その洗濯頻度はどのくらいなのでしょうか?というわけで、今回は、子供部屋のカーテンの洗濯頻度、および洗濯方法についてご紹介します。

 ■子供部屋のカーテンは思いのほか汚れている?

カーテンの汚れは、目立ちにくいかもしれませんが、カーテンには、屋内外のホコリをはじめ、レールやサッシ及び窓ガラスについた汚れ、ダニや手垢など、様々な汚れが付着しています。カーテンに付着した汚れが多ければ多いほど、それを栄養源としてカビも発生しやすくなります。しかも、汚れが多ければ多いほど。窓からの風によって、また、またカーテンを開け閉めすることによって、カーテンに付着したそれらの汚れやカビが、空気中に飛散しやすくなります。

 空気中に飛散したそれらの汚れやカビを吸い込んでしまったとしても、ただちに健康被害が及ぶという怖れはないため、あまり神経質になりすぎる必要はなさそうです。しかし、お子さんの健康を第一に考えると、子供部屋のカーテンも放置するよりは、定期的に洗濯して汚れを落としておいた方が、何かと安心できることだけは確かです。 

■では子供部屋のカーテンの洗濯頻度はどのくらい?

通常、どのご家庭の子供部屋にも、レースカーテンとドレ―プ(厚地)カーテンがセットで使用されています。洗濯頻度については、レースカーテンが、年に2回~3回、ドレープカーテンが、年1回程度が、一応の目安とされているようです。

もっとも、これはあくまでも目安で、やはり実際のカーテンの汚れ具合によって洗濯頻度も変動するというのが、本当のところです。ですから、こまめにカーテンの汚れをチェックして、汚れが目立ってきたら、あるいはニオイが気になってきたら、そのタイミングで洗濯されることをおすすめします。

  

■カーテンの洗濯方法

まずは、カーテンに付いている取扱い絵表示をチェックします。洗濯機で洗うことが可能な場合は、以下のような手順で洗濯をしましょう。(大半のカーテンは、洗濯機で洗えますが、念のためにチェックをお忘れなく)

1カーテン全体に軽く掃除機をかける

2カーテンを外しカーテンについている金具類をはずす

3カーテンを折りたたんで洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れる

4取扱い絵表示に従って、洗剤や洗濯コースを選ぶ

5洗濯終了後洗濯機から出してしわをのばす

6カーテンレールに戻して乾かす

  (あらかじめカーテンレールや窓をキレイにお掃除しておきましょう) 

以上で、洗濯は完了です。

  

おわりに

子供部屋のカーテンの洗濯頻度を減らすためには、子供部屋のお掃除の際に、カーテンにもはたきをかける、あるいは、掃除機のノズルをブラシに代えてほこりを吸い取ることを心がけましょう。カーテンレールや窓ガラスのお掃除もお忘れなく。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事