やっぱりコツが要る!ベランダの掃除を簡単キレイに済ませる方法

 ベランダの掃除は、何かと面倒でついつい放置しがちです。しかし、屋外にあるベランダは、土や砂埃、排気ガスをはじめ様々な汚れが風に運ばれて付着しやすいため、定期的にそれらの汚れを取り除く必要があります。そこで今回は、ベランダの掃除を簡単にキレイに済ませる、ちょっとしたコツをご紹介します

■ベランダの掃除にベストな日を選ぶ

ベランダの掃除は、曇りか小雨ので風のない日がベストです。逆によく晴れていて風の強い日は掃除に適さないので避けましょう。

 よく晴れていて風の強い日は、ベランダに砂埃などが飛んできたり、掃き掃除で集めたゴミが舞い散ったりしやすいためお掃除には適しません。

 

■お掃除の邪魔になる物を片付ける

お掃除の邪魔になるので、ベランダに置いている物を片付ける必要があります。不要な物があった場合は、これを機に処分するのも一案です。

必要な物は、最初に屋内に退避させるかベランダの一か所に新聞紙を敷いてそこに集めておきましょう。一つ一つ動かしながら掃除するよりも効率的です。

■ベランダの掃除手順

ベランダの掃除の手順は、掃き掃除→ブラシがけ→拭き掃除の3ステップと至ってシンプルです。掃き掃除と拭き掃除のそれぞれのポイントは以下の通りです。

1.掃き掃除

ほうきと塵取りを用意して、ベランダにあるゴミやほこりを取り除きます。その際に、水で濡らした後細かくちぎった新聞紙をまき、ほうきでかき集めるようにすると、新聞紙が細かなホコリやゴミをからめとってくれます。

 状況によっては、ほうきよりも軍手で直接ゴミをかき集めた方が効率的な場合もあります。状況に合わせて適宜方法を使い分けましょう。

2.ブラシがけ

デッキブラシを用意し、目立つ汚れをこすり落としていきます。ベランダの汚れの中で、落ちにくい煤煙(大気汚染物質)は、セスキ炭酸ソーダを使えば落としやすいです。スプレー容器に水100ccに対して、5グラムのセスキ炭酸ソーダを溶かし、それを汚れに直接スプレーしてこすり落とします。

緑苔等の汚れは、熱湯をかけてこすると比較的簡単に落とすことができます。

 鳥の糞が付着している場合は、ゴム手袋をはめるなどして、素手で触らないように工夫して取り除き、ビニール袋に入れて密閉してから捨てるようにしましょう。その後、糞が付着していた部分を消毒しておくと安心です。

3.拭き掃除

基本は、雑巾で水拭きしていきます。水を流せる環境にある場合はブラシをかけた後、一気に汚れを水で流す方が効率的です。

 ベランダの手すりや、サッシ、エアコンの室外機、物干しざおなどを、サッと水拭きしておきましょう。

 

おわりに

いかがでしょう?  ベランダがいつもキレイだと、洗濯物を干すテンションも上がりますよね。集合住宅にお住まいの場合は、無用なトラブルを防ぐためにも、近隣(特に階下)の方々への配慮もお忘れなく。気づいた汚れは、その都度取り除くようにするとキレイをキープできますよ。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事