衣替えの前に知っておくと大助かり!衣類カバーを上手に使い分ける方法

衣類カバーは、どれもみな同じというわけではありません。形状や素材によって、いくつか種類があり、それぞれの種類によって取扱い方法も微妙に異なっています。衣類にとって最適な保管状態をキープするために、衣類カバーを上手に使い分ける方法についてご紹介します。 

 ■クリーニング屋さんの衣類カバーはNG?

クリーニングから戻ってきた衣類カバーがかけられている洋服を、そのままクローゼットに保管していませんか?キレイにカバーが施されているため、そのまま保管しても大丈夫と思いがちですが、実は、衣類のためには、好ましくありません。 

クリーニング屋さんが使用している衣類カバーは、ホコリよけにはなりますが、通気性が悪く湿気がこもりやすいため、そのままの状態で長期保管するのは適していません。

 

■衣類カバーの素材を活かして使い分ける方法

衣類カバーの素材は、不織布と布の2種類に大別できます。

不織布製カバーは、見た目もシンプルで価格もリーズナブルなため、クローゼットなど見えない場所にさたくさんの衣類を収納するのに便利です。ただ、基本的に一回使いきりで、汚れたら、新しいものに交換する必要があります。

布製カバーは、デザイン性に富んで見た目がおしゃれなものが多いため、ハンガーラックや壁など、見える場所の収納に適しています。また手洗いが可能なので、繰り返し使うことができます。

 

■衣類カバーをサイズによって使い分ける方法

衣類カバーのサイズは、丈の長さによって、ロング丈とショート丈に大別できます。

ロング丈はロングコートやワンピースなどの保管に、ショート丈は、ジャケットやスーツの保管に適しています。

 メーカーによっては、さらに細かくサイズ設定されている場合もあります。いずれの場合も衣類のサイズに合わせて最適なサイズを使うことが大切です。

 最適なサイズを選ぶことで、収納スペースを効率よく使うことができますし、衣類カバーのサイズをそろえて並べると、ショート丈の下に空間ができるため、そこを新たな収納スペースとして有効活用できますよ。

■衣類カバーをタイプによって使い分ける方法

衣類カバーは、主に以下のようなタイプに分類できます。お手持ちの衣類の使用頻度、収納スペース、使い勝手のよさ、コストなどを考慮して、最適と思えるタイプを選びましょう。

ファスナータイプ

ファスナーで開け閉めするタイプです。ホコリや汚れをシャットアウトしやすいため、長期保管するのに向いています。特にサイドにファスナーがついているタイプは、衣類を掛けた状態で、出し入れできるので便利ですよ。

前合わせタイプ

大きく開くために、ハンガーなどに吊るした状態でも、出し入れがしやすいです。使用頻度が高く、普段よく使う衣類のカバーとして最適です。

マチ付きタイプ

ハンガーに厚みがある場合や、ダウンジャケットや毛皮のコートなど衣類そのものに厚みがある場合の使用に適しています。

複数の衣類をまとめて収納できるタイプ

衣類を複数まとめて収納できるタイプです。1着ごとに収納するより、収納スペースを節約できる点や、1着だけ入る衣類カバーよりも低コストな点が魅力です。

 

おわりに

  いかがでしたか?今回ご紹介した方法を、衣替えの時はもちろんのこと、大切な衣類の保管の際にも、参考にしていただければ幸いです。あと、長期保管される場合は、防虫対策についてもお忘れなく!

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事