洗濯機の空きスペースを有効活用!突っ張り棒で棚を作ろう

通常、洗濯機の周辺は、スペースには限りがあるため、洗剤類、各種ランドリーグッズ、タオル類などが収納しきれずに、ごちゃごちゃして、雑多な印象になりがちです。そこで今回は、洗濯機周辺の空きスペースを収納スペースとして生かすべく、突っ張り棒で棚を作る方法をご紹介します。

■洗濯機の空きスペースについて

左右あるいは上下をつっぱることが可能な場所は、すべて突っ張り棒で棚を作ることができます。例えば、洗濯機の上から天井までの空間は、格好の収納スペースになります。突っ張り棒は、伸縮自在なために、空きスペースのサイズに合わせて長さを変えることができる点が最大のメリットです。

また、洗濯機のサイドと壁、あるいは、洗濯機と洗面所の間の狭いスペースも、工夫次第で収納スペースとして活用することが可能です。この場合は、まず2本の突っ張り棒を上下(天井から床)に並行に並べ、それぞれの突っ張り棒と突っ張り棒の空間に棚を作るという方法を試すことができます。

■使用する突っ張り棒はバネ式が便利

突っ張り棒は、バネ式とネジ式に大別できます。バネ式は、中に内臓されているバネの反発力によって突っ張らせる仕組みです、取り付けが簡単で、突っ張れる場所さえあれば1人で取り付けることができます。 

ただ、耐荷重はそれほど大きくないため、あまり重いものは載せられませんし、軽い物でも載せ過ぎに注意が必要です。

 ネジ式は、ネジでポールの長さを固定するようになっている分、バネ式よりも重いものを載せることができます。ただし、取り付けがやや面倒で2人で作業する必要が出てきます

 

■突っ張り棒だけで棚を作ろう

突っ張り棒を数本並行に並べるだけという、いたってシンプルな方法です。突っ張り棒と突っ張り棒の間隔を限りなく狭くし、敷き詰めるように並べることで、棚の役割を果たしてもらえますよ。

 空きスペースによっては、その上に同様に並べて、2段、3段と重ねてゆくこともできます。実用性を最優先し、短時間で簡単に棚を作りたい場合におすすめです。

 

■突っ張り棒と木の板で棚を作ろう

2本の突っ張り棒を並行に並べてその上に木の板をのせるだけ、というこちらも簡単にできる方法です。

突っ張り棒だけで棚を作る場合と同様に、2段、3段と上に重ねてゆくことも可能です。木の板の変わりにすのこを使うと、おしゃれな感じを出せますよ。

■突っ張り棒とワイヤーラックで棚を作ろう

2本の突っ張り棒を並行に並べて、その上にワイヤーラックを敷くという方法でも簡単に棚ができますよ。

ワイヤーラックの代わりに、ワイヤーのカゴを双方の突っ張り棒にひっかけていくという方法もおすすめです。 

洗濯機サイドの上下に平行に並べた突っ張り棒と突っ張り棒にワイヤーのかごをひっかけていくと、ワイヤーかごの棚を作ることができますよ。 

 おわりに

  このほかにも突っ張り棒の上に乗せるものをいろいろと工夫することで、個性豊かな棚を作ることができますよ。棚ができれば、最も出し入れしやすいように、それぞれのアイテムの置き場所も工夫してみましょう。 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事