放置すると黒カビだらけに!浴室の換気扇のお掃除もお忘れなく

浴室の換気扇は、お掃除がしづらい場所にあることから、ついつい放置しがちです。しかし、浴室の換気扇のお掃除を怠ると、本体内にホコリがたまることで換気能力が低下し、換気扇本体はもちろんのこと浴室にもカビが繁殖しやすくなります。そこで今回は、浴室の換気扇のお掃除の手順についてご紹介します。

■浴室の換気扇のお掃除の頻度はどのくらい?

お掃除の頻度は、換気扇の機種や浴室の使用状況によって異なってきますが、本体カバーのお掃除は、週1回、本体全体のお掃除は、3か月に1回程度が一応の目安です。

■お掃除を始める前の注意点

1.電源を切る

感電の怖れがあるため、お掃除を始める前に換気扇の電源を切り、間違ってスイッチを押しても作動しないようにしておきましょう。

 2.水に注意する

換気扇本体のモーター部分に、水がつくと故障の原因になります。本体カバーやモーター以外のパーツは、水拭き可能ですが、よく乾かして完全に水気を取り除いてから取り付けましょう。

 3.安全を確保

高い場所の作業になるために安全を確保しましょう。特に滑らないように細心の注意が必要です。大変に危険ですので、踏み台としてお風呂の椅子を使用するのは厳禁です。マスクやゴーグルでホコリから身を守ることもお忘れなく。

 

■お掃除の手順

 1.本体カバーを掃除する

本体カバーを外し、カバーについた汚れを落としましょう。汚れは、中性洗剤をしみこませた布で拭くと落とせます。汚れを落とした後は、乾いた布で完全に水気をとりのぞき、完全に乾かしておきましょう。

2.本体内部にあるジロッコファン(羽根の部分)を掃除する

・ジロッコファンが取り外せない場合

掃除機などでホコリを取り除いた後、中性洗剤をしみこませた布で、ファンの汚れを拭き取った後、乾いた布で洗剤分を取り除き、完全に乾かしましょう。

・ジロッコファンが取り外せる場合

ジロッコファンのほかにも付属するパーツ(ベルマウス、フィルターなど)を取り外して、中性洗剤を混ぜた水でつけ置き洗いが可能です。柔らかい布で各パーツに付いた汚れを落していきましょう。 

ジロッコファンやパーツを取り外している間に、本体内部の汚れが目立つ場合は、中性洗剤をしみこませた布で拭き取った後、乾拭きしてよく乾かしておきましょう。

 

おわりに

  どちらかといえば、ジロッコファンが取り外せるタイプの換気扇の方が、お掃除が楽なので、定期的なお掃除がしやすいかもしれません。買い替えの際は、お掃除しやすいかどうかも確認しておくようにしましょう。

 

今まで、浴室の換気扇のお掃除を一度もしたことがないというケースもけして珍しくありません。何年もお掃除を放置して、手に負えないほど汚れてしまっている場合は、これを機に買い替えを検討されてはいかがでしょう。プロに依頼するという方法も一案です。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事