限られたスペースを有効活用しよう!目から鱗のクローゼット収納術

クローゼットはたくさんの衣類を収納するのに大変便利ですが、意外と限られたスペースを活かしきれていないことが多いもの。そこで今回は、クローゼットの限られたスペースを最大限に有効活用できる収納術をご紹介します。

■収納する衣類を選別する

クローゼットには、本当に必要な衣類だけを収納するようにしましょう。収納スペースを増やすためにも、いわゆる「タンスのこやし」に該当する衣類は、クローゼットから出して、これを機に処分を検討されてはいかがでしょう。

 サイズが合わない、流行遅れ、傷んでいる、ここ何年も着ていない、存在自体を忘れていたなどの衣類はすべて処分の対象です。

 処分の方法は、それぞれの衣類に合わせて、譲る、リフォームする、捨てる、売る、とりあえずまとめて別の場所に保管する、などから自由に選択していただければOKです。

 ■収納場所を決める

衣類の選別が終わったら、クローゼット内のどこにどの衣類を収納するのかを決めます。通常、クローゼットは、以下のように、上段、中段、下段の3つの収納スペースに分けられています。 

中段

クローゼットのメインの収納スペースであり、最も広くとられています。このスペースには、使用頻度が多く、頻繁に出し入れする衣類を収納します。ハンガーで吊るせるようになっていますが、衣類と床との間にできた空間を新たな収納スペースとして利用することができます。新たな収納スペースを確保するためには、衣類の長さを揃えて吊るしようにすることがポイントです。

 確保したスペースの広さに合わせて、ボックスやかごを用意しましょう。そこにハンカチやスカーフ、靴下などを収納していきます。

 奥行を有効活用するために、衣類を吊るしているパイプの奥に、並行させてつっぱり棒を設置してみましょう。新たに吊るすスペースを確保することができます。そこには例えば、オフシーズンの衣類やフォーマルウェアなどを吊るしておくと便利ですよ。

 使用するハンガーは、同じ種類や色に統一しておくと、見た目がスッキリします。帽子やベルトなどはS字フックを用意し、そこにかけておくと取り出しやすいです。

上段

オフシーズンの衣類でたためるものや、使用頻度が最も低い衣類(冠婚葬祭用の衣類など)の収納に適した場所です。取っ手付きのフタ式の衣装ケースにまとめて収納して、ケースごと保管しておきましょう。

下段

ハンガーに吊るせない衣類や中段に収納するほど使用頻度が多くない衣類を収納するの に適しています。スペースに合わせて、収納ケースを用意し、そこに衣類を収納していきます。用意する収納ケースは、引き出しとキャスターがついていて、中身がわかる透明タイプもものがおすすめです。

 その際に、衣類は立てて収納するようにすることがポイントです。どこに何があるのか一目瞭然で、すぐに取り出せます。

  

■おわりに

  いかがでしたか?できれば、様々な用途に利用できるフリースペースを確保しておくと、クローゼット内の収納がさらに使い勝手がよくなりますよ。

 

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事