もしかして間違ってない?パートとアルバイトとの違いについて

パートとアルバイトとの違いについては、ニュアンス的になんとなく違うということはわかっていても、実際にどこがどう違うのかと問われると、はっきりと答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか? そこで今回は、パートとアルバイトの違いについてご紹介します。

 ■パートとアルバイトは法律的には同じ?

 パートとアルバイトは、法律的には明確な違いはありません。確かに、パートは、英語の「part-timer」から、アルバイトはドイツ語の「arbeit」から来ているという点は違っています。しかし、どちらも「労働者」という意味を持っているという点では同じなのです。

 パートでもアルバイトでも、パートタイム労働法に定められている「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」という文面に該当する場合は、「短時間労働者(パートタイム労働者)」に該当します。

 このほか、「嘱託」「契約社員」「臨時社員」「準社員」も、上記の条件に該当する場合は、法律上は、すべて短時間労働者(パートタイム労働者)に含まれます。

 逆に、上記の条件に該当しない場合は、たとえ職場でパートやアルバイトの扱いを受けていたとしても、法律上は、パートタイム労働者には該当しないということになります。

 

■現実問題としてのパートとアルバイトの違いとは?

法律上の違いはないとしても、多くの企業が便宜上、パートとアルバイトを区別して扱っています。そのため、アルバイトとパートのそれぞれに対するイメージの多くは、社会通念として定着しています。

例えば、アルバイトは、大学生、高校生、専門学校生が対象、パートは、既婚女性が対象で主婦のイメージや、アルバイトはパートよりも、労働時間や雇用期間が短いといったイメージは、世間一般的に幅広く定着しているようです。さらに、アルバイトよりもパートの方が、仕事に対する責任が重くなるというイメージを持っている方も少なくないでしょう。

実際に、アルバイトは学生を対象として、パートは、主婦を対象として、求人しているケースは、数多く存在しています。また、労働時間や雇用期間もアルバイトよりもパートの方が長めに設定されているケースも多々見られます。

厳密には、現実問題としてのパートとアルバイトの違いは、それぞれの企業によって異なるというのが本当のところです。これは、多くの企業が、パートとアルバイトに対して、それぞれ独自に雇用条件に関する明確な違いを設けているためです。業種によって、アルバイトしか募集しないケースや、パートしか募集しないケースも出てきます。

■おわりに

 アルバイトとパート、それぞれに定着しているイメージにとらわれすぎると、アルバイト、あるいはパートというだけで、中身を確かめずに、応募を見合わせてしまうことになりやすいです。最初からそうと決めつけずに、一応、業務内容や、労働時間、雇用条件など、求人の中身をよく確認してみましょう。そうすることで、理想の仕事につける可能性をさらに広げることができますよ。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事